資産運用をお考えのサラリーマンの方へ | 株の学校プラスワン

株の学校プラスワン

サラリーマンが資産運用を始める前に知っておくべきこと

自分で資産運用を始めたいとお考えのサラリーマンは少なくありません。資産運用を行う上で重要なのが、確定申告や控除制度といった税金の知識です。多くの人が「資産運用で税金はどう関係してくるの?」といった疑問を持っているかと思います。こちらでは、サラリーマンが資産運用を行うと税金はどうなっていくのか、確定申告が必要となるケースについてご紹介致します。

サラリーマンの資産運用で税金はどうなる?

資産運用を考えるデッサン人形

サラリーマンの副業所得の種類は、主に下記のものがあります。

  • 給与所得(アルバイトなど)
  • 雑所得(ネットオークション、アフィリエイト、講演活動など)
  • 不動産所得(不動産投資)
  • 譲渡所得(投資信託、株式などの利益)
  • 配当所得(投資信託、株式などの配当金)…など

サラリーマンの場合、本業の給料以外で得た所得が年間20万円以上になると確定申告が必要になります。どのくらい税金がかかるかは年間の所得(本業と副業を合わせた所得)によって異なってきます。年間の所得による税率と控除額は以下の通りです。

  • 年間の所得が195万以下の場合、税率5%、控除額無し
  • 年間の所得が195万超~330万以下の場合、税率10%、控除額97,500円
  • 年間の所得が330万超~695万以下の場合、税率20%、控除額427,500円
  • 年間の所得が695万超~900万以下の場合、税率23%、控除額636,000円
  • 年間の所得が900万超~1,800万以下の場合、税率33%、控除額1,536,000円
  • 年間の所得が1,800万超~4,000万以下の場合、税率40%、控除額2,796,000円

税額控除の種類

税金

税額控除を申告すると、節税につなげることができます。税額控除には色々な種類があり、代表的な給与所得控除のほか、基礎控除、医療費控除、ふるさと納税による寄付金控除、生命保険料控除、配偶者控除などがあります。税金対策となるのが、確定拠出年金による所得控除や特定支出控除などです。

確定拠出年金とは、公的年金とは別に一定の掛け金を預金や投資信託で運用していくものです。個人型と企業型があります。この確定拠出年金の掛け金は全額所得控除となるので、掛け金の額だけ所得を少なくすることができ節税につながります。

特定支出控除とは、いわゆる経費として認められるものは所得控除できるという制度です。仕事で使用する服にかかる費用、仕事に関する情報や勉強をするための図書などの費用、さらに交通費や資格取得にかかる費用も特定支出控除の対象となります。

税額控除の申告を行って節税するためには、税額控除の種類や内容を把握しておく必要があります。税額控除や節税について関心がある方は、セミナーや学校で知識を得たり、ファイナンシャルプランナーや税理士に相談してみるのもおすすめです。

株の学校プラスワンでは、株式投資の教室を開講しております。実際に通学して受講する「通学コース」とWEBで受講する「WEBコース」があり、好きなコースからお選びいただけます。初心者の方でも受講しやすい初級コースや経験者を対象にした中級コース、上級コースなど、複数のコースをご用意していますので、自分にぴったりのコースで学ぶことができます。

WEBコースは教室に通えない遠方にお住まいの方でも受講しやすいサービスとなっていますので、「初心者だけど資産の運用に興味がある」「お金を上手に運用する勉強がしたい」という方は、お気軽にお問い合わせください。

資産運用をお考えのサラリーマンの方は株の学校プラスワンへ

会社名 株式会社インターステラー
サイト名 株の学校 プラスワン
住所 〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8−31 ダイナコートエスパシオ204
電話番号 092-577-0154
FAX番号 092-518-1354
E-MAIL plusonekabu@gmail.com
URL https://plus1-kabu.com/

ページトップ