資産運用をお考えのサラリーマンの方へ | 株の学校プラスワン

株の学校プラスワン

老後資産の形成はしっかりとしたプランを! ~老後資産形成は40代・50代から~

老後資産の形成は重要なものであり、最近ではその重要性がますます増してきています。今は人生100年時代といわれているため、豊かな老後を過ごすためにも今のうちからしっかり老後資産の形成をしておくことが大切です。ここでは老後資産の形成の重要性とどのように資金計画を立てていけばよいのかについてご紹介致します。

40代・50代から考えよう老後資産形成の重要性

年金手帳とお札

現代の日本では老後資産の形成の重要性がますます増してきています。老後資産形成の重要性が増している理由はいろいろとありますが、大きな理由の一つとして医療の発達により寿命が延びていることが挙げられます。

働くことができなくなった老後は、年金と資産を少しずつ減らしながら生活していく方が多いでしょう。

寿命が長くなり老後の生活期間が長くなればなるほど、生活費が発生する期間が長くなるので今まで以上に老後資産を形成しておく必要があります。

預金だけでも資産を増やしていくことができる、という時代もありましたが、超低金利である現在では、預金さえしておけばよいという時代ではなくなってきています。また、日本では高齢化社会や財政悪化などの影響によって、年金支給年齢の引き上げや医療費の自己負担分のアップといった政策が取られています。

この現状からもわかるように、国に頼るだけではなく、自分で自分の資産を増やして老後に備えることが求められるようになっているのです。そのため、40代・50代からしっかり老後の資産について考える必要があります。

どのように計画を立てればよいか

貯蓄についてアドバイスするビジネスマン

老後資産形成の計画を立てていく場合、まずは今後の人生でどのくらいのお金が必要になるかを算出してみる必要があります。住宅ローン、自動車ローン、教育費、老後費用など今後必要となる支出を想定して、できる範囲で具体的に費用を算出します。

必要になるお金を算出し、そこから現時点で準備できている資産を引いた額が今後貯めていく必要があるお金です。

今後いくら貯める必要があるかを明確にしたら、次は毎月の収支を計算してどれくらい貯蓄できるかを算出します。この際に毎月の収入と支出の管理、見直しをしっかりと行うことも大切です。

毎月貯蓄できる額を算出したら、その貯蓄をどういった手段で運用していくかを考えます。運用方法は預金の他にも株式投資、不動産投資などいろいろあります。運用方法を選ぶ際には自分に合った手段を選んだり、複数の手段を組み合わせたりすることが大切です。

人生100年時代を生き抜くために欠かせない老後資産。その老後資産を形成するために、資産運用をおすすめします。株の学校プラスワンでは、資産運用の手段の一つである株式投資を身につけることができます。

老後のために資産運用をお考えの40代~50代の方は、ぜひ株の学校プラスワンの講座にご参加ください。株式投資による資産運用について学び、安心できる老後プランを形成していきましょう。

老後資産の形成をお考えなら株の学校プラスワンへ

会社名 株式会社インターステラー
サイト名 株の学校 プラスワン
住所 〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8−31 ダイナコートエスパシオ204
電話番号 092-577-0154
FAX番号 092-518-1354
E-MAIL plusonekabu@gmail.com
URL https://plus1-kabu.com/
ページトップ