資産運用をお考えのサラリーマンの方へ | 株の学校プラスワン

株の学校プラスワン

老後資産を形成する方法比較~老後資産形成をセミナーで学べる株の学校プラスワン~

老後資産を形成するために様々な資産運用のセミナーがありますが、どの運用方法を選べばよいかわからないという人は少なくないでしょう。運用方法によってメリット・デメリットが違うため、自分に合った運用方法を見つけ、セミナーを受ける必要があります。ここでは、老後資産を形成する方法の種類やそれぞれの特徴、メリット・デメリットについてご紹介致します。

預金・外貨預金・株式投資・投資信託・不動産投資・確定拠出年金の特徴

チャートグラフ

預金

金融機関に金銭を預けるもので、期間や金額によって利息を得ることができます。普通預金や当座預金などいつでも引き出すことができる「流動性預金」と定期預金や積立定期預金など預入期間が限定されている「固定性預金」があります。

メリット:元本と利息が1,000万円まで保証される。

デメリット:金利がかなり低いので、預金のみで資産を増やすのは難しい。

外貨預金

通常の預金が日本円であるのに対して、外国の通貨で預金するのが外貨預金です。

メリット:日本よりも金利が高い国の通貨がたくさんある。為替変動による利益がある。

デメリット:為替変動で元本割れをする可能性がある。

株式投資

株式投資は株式会社が発行する株を購入し、配当金や株価の値上がりによる利益を得るものです。

メリット:株価の変動によっては短期間で大きな利益を得ることが可能。

デメリット:株価の変動によっては損が出たり、売れなくなってしまうリスクがある。

投資信託

投資信託とは自分の代わりに運用の専門家にお金を預けて資産運用してもらう方法です。

メリット:どのように資産運用をしたらいいかわからないという人でも手軽に始められる。積立買いができるので計画的に運用しやすい。

デメリット:元本保証がない。色々な手数料が発生する。

不動産投資

不動産投資はマンションや駐車場などを購入し、貸し出すことで収入を得たり、価格が上がったときに売却することで利益を得たりするものです。

メリット:インフレに強い。銀行から借り入れすれば、手持ちの資金以上の不動産も購入できる。

デメリット:空室リスク、物件の価値が下落するリスクがある。他の投資方法と比べて多くの投資金額が必要になる。

確定拠出年金

確定拠出年金は私的年金といわれており、国民年金や厚生年金とは別に任意で加入することができる年金制度です。企業型と個人型(iDeCo)があります。

メリット:所得税や住民税の控除が受けられる。利益も非課税。

デメリット:途中解約できず60歳まで引き出せない。

老後からでも始められる資産形成の勉強

老後資産を形成する方法をご紹介してきましたが、すでに老後生活を送っている方でも資産形成は可能です。実際に株の学校プラスワンでは、60歳以上の生徒さんもいらっしゃいます。下記に70代の生徒さんの声をご紹介するので、ぜひご覧ください。

神戸校 男性(71歳)

定年退職後10年余り。そしてすべての仕事を完全リタイアして5年目を進行中のわが身にとって、人生の時間がどんどん無くなってきつつある反面、日々の生活の中では時間が有り余る状況にあります。

株式投資については、過去に自分なりに色々と書籍を読んで売買を行ってきましたが、儲かったのはバブルの時代だけでした。その後はバブル時代の儲けに多額のお金を加えて、株式市場にお返しを致しました。最後は、仕事が忙しくなってきたことを持ち株塩漬けの正当化理由とし、かなりの損失を出してしまいました。そんな中で株の学校プラスワンに出会い、楽しく学ばせていただきました。

余剰時間を活用して株式投資の勉強をし、過去に株式市場に大奉仕をしたお金を少し返してもらって、人生の収穫期をより有意義に過ごす基盤づくりをしたいと考えて入校した株の学校。

そこでの講義は、そんな自分にとって目からうろこが落ちる思いの内容でした。「自立した個人投資家を育てる」という趣旨で資金管理をはじめとする株式投資の基本的な考え方やチャート分析を柱とする投資手法を伝授していただく講義は、大いに勉強になりました。

早速、投資現場で活用させていただいております。まだまだ未熟で、取引するたびに反省することばかりですが、それでも全体的には、チャート分析に基づいて値動きを見ることができるようになり、その時々の株価変動に対する動揺や狼狽が少なくなってきたように思います。そして、あらかじめ引いた波動線から時期を判断して売買を行うことができるようになりつつあります。

実績としては、3社程度の研究銘柄に自分で選んだ銘柄を加えて、現物売買、信用取引の両方を実践し、良好な成果を挙げています。

現在は、A社を空売りしていますが、これは昔からかなりの期間乗ってきた自動車メーカーB社の株を扱い、その利益で、現在乗っている車のタイヤを買い替えようという魂胆に基づくものです。さて、どうなりますやら…。踏み上げに遭わないことを願うばかりです。

老後資産を形成する方法は色々あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。色々と比較して自分に合ったものを探していきましょう。

株の学校プラスワンでは、株式による資産運用のセミナーを開いております。初級コース、中級コース、上級コース、株式投資短期コース、そしてPTCコース(プロ養成コース)もご用意しているため、自分に合ったコースが選べます。経験豊富な講師陣がしっかりとわかりやすく指導致しますので、老後資産の形成をお考えの方はぜひ株の学校プラスワンにお問い合わせください。

老後資産に関する勉強なら株の学校プラスワンへ

会社名 株式会社インターステラー
サイト名 株の学校 プラスワン
住所 〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8−31 ダイナコートエスパシオ204
電話番号 092-577-0154
FAX番号 092-518-1354
E-MAIL plusonekabu@gmail.com
URL https://plus1-kabu.com/
ページトップ