資産運用をお考えのサラリーマンの方へ | 株の学校プラスワン

株の学校プラスワン

サラリーマンの株式投資で失敗しがちなこと5選

サラリーマンなどの個人投資家は、独学で勉強している人が多く、その結果失敗することが多々あります。株式投資で失敗しないようにするには、初心者のうちから正しい知識を覚える必要があります。こちらでは、よくある失敗例やできるだけ失敗を回避する方法についてご紹介致します。サラリーマンの方でこれから投資をお考えの方は、ぜひご覧ください。

初心者が株式投資でやりがちな5つの失敗例

株式投資で悩む人

余剰資金で投資をせず生活資金に手を出した

株式投資を行う際に資金がたくさんあるに越したことはありませんが、生活していく上で必要な費用まで使って行うと、冷静な判断ができなくなってしまい失敗につながるリスクが高くなります。投資は余剰資金から行いましょう。

1つの銘柄にこだわり過ぎる

間違いないと思って選んだ銘柄であっても、株価が下がっていく場合があります。その銘柄にこだわり過ぎて売却できずにいると塩漬け状態になってしまいます。

損切りができない

株式投資では自分の期待通りにいかず、株価が下がってしまうケースもあります。損失を最小限に抑えるために損切りが必要となる場面はあります。しかし、損切りを行わずに株を保有し続けることで、大きな損失を出してしまう人は少なくありません。

欲を出し過ぎる

自分が選んだ銘柄の株価が、期待通りに上がったら利益を確定する必要があります。しかし、もっと上がってほしいと欲を出し過ぎて利益を確定しない方もいらっしゃいます。株価が下がっても「また上がるだろう」と期待して売り時を逃してしまい、結局損をしてしまうのです。

株式投資をギャンブル感覚でやってしまう

株価が上がったり下がったりするのにスリルを感じて、ギャンブル感覚で株式投資を行うのは危険です。株価は過去の推移や経済状況によって予想を立てることができます。分析もせずに株を購入すると大きな損失を出すリスクを高めるだけです。

株式投資の目的はスリルを味わうことではなく、投資をして資産を作るという目的を忘れてはいけません。

失敗しないためには知識が必要

教室で株式投資の授業を受ける受講生

株式投資で失敗しないためには、初心者の人がやってしまいがちな失敗例を知って自分が同じような失敗をしないように勉強することが大切です。また、それに加えて正しい知識を持つことも大切です。初心者の人がやってしまいがちな失敗も、しっかりとした知識を持っていたら避けることが可能です。

長年株式投資を行っているベテランの方も、確実に成功するというわけではありません。彼らが投資利益を挙げている背景には、経験と多くの知識、分析、研究といった積み重ねがあります。
株式投資で失敗しないようにしっかりとした知識を得るための方法としておすすめなのが、セミナーや学校に通うことです。

株の学校プラスワンでは5,000人以上を指導した実績と経験のある講師が失敗しないための知識も指導していきます。しっかりと勉強して株式投資で自己資金を作っていきたいという方大歓迎ですので、関心がある方はぜひ株の学校プラスワンの講座受講をご検討ください。

サラリーマン投資家がやってしまいがちな失敗例を5つご紹介致しました。株式投資で失敗しないためにはしっかりとした知識が必要です。

株の学校プラスワンでは、株式投資の講座を行っております。株式の投資が初めての方でも親切丁寧にわかりやすく指導致します。サラリーマンの方が長期投資で資産の運用をお考えの場合は、ぜひ株の学校プラスワンをご利用ください。

株式投資をお考えのサラリーマンの方は株の学校プラスワンへ

会社名 株式会社インターステラー
サイト名 株の学校 プラスワン
住所 〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目8−31 ダイナコートエスパシオ204
電話番号 092-577-0154
FAX番号 092-518-1354
E-MAIL plusonekabu@gmail.com
URL https://plus1-kabu.com/
ページトップ